女優年収

【2024年最新】志田未来の年収は2000万円超え!?収入源や全盛期の年収を調査!

志田未来

代表作「14歳の母」で一躍有名となった志田未来さん。

その後も数々のドラマや映画で名を残してきました。

今回はそんな志田未来さんの

  • 最新の年収
  • 現在の収入源
  • 全盛期の年収推移

を調査しまとめていきます。

スポンサーリンク

志田未来プロフィール

  • 名前:志田未来
  • 生年月日:1993年5月10日
  • 年齢:30歳
  • 出身地:神奈川県
  • 身長:150cm
  • 血液型:AB型
  • 事務所:研音
  • 代表作:「女王の教室」「14歳の母」「風立ちぬ」など

志田未来の年収は2000万超え!?収入源はドラマのみ!

志田未来

2023年の出演作等を参考に調査した結果、志田未来さんの年収は約2000万円となりました。

更に2023年の収入源はドラマ出演のみとなっています。

2022年以前には映画やCMなどかなりテレビの露出が多かったようですが、

2018年に一般男性との結婚を発表した志田未来さんは仕事をセーブし始めたのかもしれません。

では2023年にドラマでどのくらい稼いだのか見ていきましょう!

出演作や内訳は以下のとおりです。

出演ドラマ 1話あたりのギャラ×出演回数
・ブラッシュアップライフ
・リエゾン‐こどものこころ診療所‐
・勝利の法廷式(主演)
・ブラックポストマン
・ゆりあ先生の赤い糸
・うちの弁護士は手がかかる
・どうする家康
・うちの弁護士は手がかかる

30万円×10話=300万円
30万円×8話=240万円
100万円×10話=1000万円
30万円×7話=210万円
30万円×9話=270万円
30万円×1話=30万円
3万円×3話=9万円
30万円×1話=30万円
300万+240万+1000万+210万+270万+30万+9万+30万=2089万円

※1話あたりの出演料は相場(主演:100万、キャスト:30万、HNKドラマキャスト3万)

収入源はドラマのみですが、多くの作品に出演されていますので、かなり多忙なようですね!

志田未来全盛期の年収は!?

2024年最新の年収は2000万円超えとなりましたが、もっと人気をあつめていた全盛期の年収はどのくらいなのでしょうか。

作品の出演本数が多い年を調査しまとめてみました。

年収推移ドラマ本数映画本数CM本数
2000年(子役)240万円204
2005年(子役)150万円211
2006年(子役)320万円412
2010年6100万円2主役12
2018年2190万円311

年収は以下の調査情報を参考に計算しています。

  • 子役期CM出演料相場30万
  • 子役期ドラマ出演料1クール60万
  • 子役期映画出演料脇役1万
  • 女優ドラマ主演出演料1クール1000万円
  • 女優ドラマキャスト出演料30万円
  • 女優映画出演料キャスト出演料100万円
  • 女優CM出演料2000万以上

2006年(当時12歳)までは子役として活躍してきた志田未来さん。

子役時代でも一般的なサラリーマンほどの年収を稼がれていて、本当にすごいですね!

大人の女優として活躍されていた20007年以降は1本のギャラも増え6000万円ほどの年収があったことが推定できました。

志田未来その他の収入源とは!

志田未来さんは年によって多くの収入源を持っています。

  • テレビ番組
  • 舞台
  • 声優
  • PV出演
  • ラジオ
  • カタログ・雑誌の表紙
  • イベント

彼女は劇場アニメで声優のお仕事をすることも多くあります。

中でも「借りぐらしのアリエッティ」で主人公のアリエッティー役を演じたことが話題となりましたね!

その他、バラエティー番組や舞台出演など幅広く活躍されていることがわかります。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は志田未来さんの推定年収や収入源、全盛期の年収などを調査しまとめていきました。

2024年の活躍にも注目が集まります!

今回は以上で。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

-女優年収