漫画家年収

ちいかわ作者ナガノ先生の年収は10億超え!?グッズの売上がサンリオ同等!

自分ツッコミくまイラスト1

今や国民的キャラクター「ちいかわ」を手掛けるイラストレーターのナガノ先生

人気キャラクターとのコラボやグッズが世に広がりますます注目を浴びています。

更にちいかわだけでなく、「自分ツッコミくま」や「パグさん」など次々と人気キャラクターをクリエイト。

そんなナガノ先生が手掛けるキャラクターの人気ぶりにどのくらい稼いでいるんだろうと気になる方も多いのではないでしょうか。

そこで今回はナガノ先生の年収や内訳を徹底的に調査しまとめていきます!

スポンサーリンク

ナガノのプロフィール

Xナガノ先生のアイコン
引用:X
名前ナガノ(ながの)
年齢(非公開)30代~40代くらい
性別女性
在住地関東
職業イラストレーター・漫画家
代表作ちいかわ

ナガノの年収は10億超え!?

自分ツッコミくまイラスト2
引用:”X”

調査の結果ナガノ先生の年収はなんと…

10億超え!!!

となりました!

ナガノの3つの収入源とは

自分ツッコミくまイラストレーション3
引用:”X"

では、10億以上の収入を稼ぐことのできる収入源とはどのようなものなのでしょうか。

3つの収入源を調査することができました。(あくまで推定年収です)

内訳は以下のとおり。

収入源①Lineスタンプ7993万円
収入源②グッズ10億円
収入源③単行本1億8150万円
推定年収約12億

ほとんどがグッズによる収入だということがわかります。

では詳しく見ていきましょう!

収入源①LINEスタンプ

初めにLINEスタンプによる推定年収は7993万円という結果になりました。

前提として下記の情報を参考にします。

Lineスタンプ上位者の具体的な収入
5位以内・・・20万円/日
10位以内・・・10万円/日
20位以内・・・6万円/日
40位以内・・・3万円/日
60位以内・・・2万円/日

https://kyoji-blog.com/
  • 2023年4月26日時点のLineスタンプランキングを参考に1年間(365日分)の収入を計算
  • 5位以内が2作、10位以内が1作、20位以内が3作、40位以内が1作、60位以内が1作
  • 販売者には約30%の報酬がある(AppStoreとGoogleplayの手数料が約30%ライン手数料が約30%引かれる)

以上の情報から計算すると以下の内訳になります。

(5位以内の収入)20万円×(作品数)2×(1年間)365日=1億4600万円
(10位以内の収入)10万円×(作品数)1×(1年間)365日=3650万円
(20位以内の収入)6万円×(作品数)3×(1年間)365日=6570万円
(40位以内の収入)3万円×(作品数)1×(1年間)365日=1095万円
(60位以内の収入)2万円×(作品数)1×(1年間)365日=730万円
1億4600万円+3650万円+6570万円+1095万円+730万円=2億6645万円
(1年間の総収入)2億6645万円×(販売者報酬30%)0.3=7993万円

調べる限りナガノ先生が手掛けるLineスタンプは「ちいかわ」「自分ツッコミくま」の他全部で82作。

ですので、60位以降の作品の収入もあることに!

更に日本クリエイターズランキングで1位を多数獲得し常にランキング上位の事から、7993万円以上の収入があるということが考えられます。

収入源②グッズ

続いて、グッズによる推定年収は約10億

という結果になりました。

下記の「2022年ヒット商品ベスト30」の情報から推定年収を出していきます。

●「2022年ヒット商品ベスト30」

順位 商品名 1つあたりの単価 売上個数 売上高
1位 ヤクルト1000/Y1000 130円/150円 10億円 約1400億円
2位 ちいかわ 100円~
3位 PCM冷却ネックリング 100円~ 70万個
4位 トップガンマーヴェリック 1000円~ 400万個 132億円
  • 楽天のキャラクターグッズ人気ブランドランキング(参考:楽天ランキング2023)では、年間売上高706億円を誇るサンリオの3位を抜き、ちいかわが2位にランクイン

以上の情報から

(ヤクルト1000売上高)1400億円>ちいかわ推定売上高>(サンリオ年間売上高)706億円

ということになります。

最低でも706億円以上の売上があることになり、著作権がたったの1%だとしても約7億がナガノ先生に入ることになります。

ちいかわグッズは「ちいかわマーケット」の他100均(ダイソー・セリア・cando)やしまむらなどでも販売されているため納得のいく売上ですよね!

そして、更に驚きなのがこちらはちいかわだけのグッズ収入…。

オンラインで購入できるナガノマーケットでは「自分ツッコミくま」や「パグさん」などの販売や定期的に行われるくじなどもあります。

すべて合わせた上で軽く10億円超えの収入があるのではないかと推定しました。

収入源③単行本

最後に単行本による推定年収は1億8150万円となりました。

下記の情報から推定年収を出していきます。

  • 単行本は2021年に1巻~5巻
  • 2022年時点で100万部突破1年半たつ2023年現在は150万部突破したと考察
  • 1巻1100円、2巻~5巻1210円
  • 一般的な印税率の相場は5%~10%

(単行本価格)1210円×(売上部数)150万部=18億1500万円
18億1500万円×(印税率)10%=1億8150万円

テレビやYoutubeでアニメの視聴ができるこの時代に単行本が150万部も売れる事自体がすごい…。

ちいかわだけでなく「自分ツッコミくま」も書籍化されるなど、

ナガノ先生ならではのキャラクターは単行本としても愛されているようです。

まとめ

ちいかわイラスト1
引用:X

いかがでしたでしょうか。

今回はナガノ先生の年収や内訳を徹底的に調査しまとめていきました。

あくまで推定年収ですが、ナガノ先生はどこにも属さないフリーイラストライターのため10億超えの収入があってもおかしくはありません。

ナガノ先生の手掛けるキャラクターは今も勢いが止まらず、今後もさらに著作権などの印税が入ってくる見込みです。

今後も自分のペースで無理なく頑張っていただきたいですね!

今回は以上です。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

-漫画家年収